Logo of Azegami Laboratory   畔上研究室

このウェブページは,畔上研究室の研究と教育で利用するために作成されています.[English]


名古屋大学 > 情報学研究科 > 複雑系科学専攻 > 畔上研究室


ホーム | 研究 | 学位論文 | 論文 | 授業 | 問合せ | プロフィール | JSIAM 活動


新着情報

大学院と学部の改組

2017年4月に「情報科学研究科」と「情報文化学部」がそれぞれが「情報学研究科」と「情報学部」に改組されます.

本の出版

『形状最適化問題』畔上秀幸著 が 森北出版 より出版されました(2016年10月28日).

博士後期/前期課程入学希望者募集中

モデリングと最適化の数理とそれに関連する研究に関心のある基礎学力と意欲ある学生を受け入れます.入学を希望する方は,メールなどでお問い合わせください.大学院入学試験情報は こちら をご覧ください.教員のメールアドレスはこちら をご覧ください.

日本応用数理学会 (JSIAM) の活動

詳細は こちら をご覧ください.

研究テーマ

モデリングと最適化の数理

自然界や人工物には現象との関わりでいろいろなかたちが作り出されています.固体の変形や流れの場,音や熱の伝わる場など我々が見たり感じたりすることのできる多くのマクロな現象は偏微分方程式でモデル化することができます.

私たちの研究はこうした現象を偏微分方程式でモデル化して,それらの現象を望みの現象に近づけるように かたち を制御することで最適化するための理論と計算方法を開発することを目指しています.

例えば,力を受けて変形する物体のかたちを変形量一定で最も軽くなるように決定したい,流れの中に置かれた物体のかたちを体積一定で最も抵抗が少なくなるように決定したい,といった課題に対しては私の研究室で開発した計算方法は製品設計の現場で使えるレベルに達しています.

また,人間を含めた生体のかたちもマクロな現象との関わりで作り出されていることが少なくありません.私たちの研究室ではその計算方法を生体のかたちや疾患の解明,さらには治療法の評価や最適化,福祉機器の設計などに役立てることを目指しています.